みやけ医院

東京都豊島区
みやけ医院 三宅 修司 院長先生の体験談
アンプ、ソフトウェアの追加費用だけで買い替え

平成24年9月より開院、呼吸器内科を中心に内科全般の診療を始めました。
小さな診療所ですが、プライマリーケアの場として、 病気の相談窓口として、多くの方のお役にたてればと考えております。
さて今回、三栄メディシスさんからのダイレクトメールで、500X2の情報を知りました。
日頃、コードが絡む煩わしさや、患者様がいちいちレントゲン室から検査室に移動して測定しなければならず、何とかならないかと考えていたところ、今回の無線機能を知り、バージョンアップに至りました。
大手メーカーの様に新たに買い替える必要もなく、PCはそのままでアンプ、ソフトウェアの追加費用数万円で、買い替えられるとのこと。
これぐらいの金額なら割に合うと考え、大変満足し使用しています。
一点、要望を出すとすれば、胸部一本誘導コードの素材が固いこと。老人の場合、張り付きが悪く反発して剥がれてしまう為、看護師が輪ゴムで止めて使用しています。
誘導コードや電極にもこだわっておられる三栄メディシスさんなので性能改良して頂けることを楽しみに期待しています。

戻る