しもやま内科

千葉県船橋市
しもやま内科 下山 立志 院長先生の体験談
PC-ECG をGoogle Driveと組み合わせる

糖尿病内科・循環器内科を標榜する無床診療所です。
PC-ECGは簡単操作、ペーパーレス、持ち運びが容易で院内どこでも検査ができるので大変ありがたく使用させていただいております。

しもやま内科はGoogle Chrome上で動作するクラウド型電子カルテを使用しています。
高額なPACSなどを使わずに電子カルテとPC-ECGを連携させたいと考え、以下のような方法を採りました。

ノートPCを1台用意し、PC-ECG専用機にします。Wifiでネットワークに接続。

ノートPCにGoogle Driveを入れて、常に同期させておきます。

PC-ECGの結果をGoogle Drive内の「Jpeg」フォルダに自動保存するよう設定します。

院内全ての電子カルテ端末のChromeから「Jpeg」フォルダが参照できるようにします。何も難しいことはありません。全端末同じGoogleアカウントを使ってChromeにログインしておき、JpegフォルダのURLをChromeのブックマークバーに加えておくだけです。

こうすることで、心電図検査を実施すると自動的に電子カルテのブラウザ上で最新の心電図結果を参照できるようになります。

結果はダウンロードしてカルテにアップロードしています。
検査数が増えてくるとjpegが並んで誰の結果なのか判別が難しくなりますが、検査するときに患者IDを入力するとjpeg画像の名前がID_検査年月日時刻になるので識別しやすく、お勧めです。

ホルター心電計 CardioTrak の体験談
CardioTrak が「時間と手間」を省いてくれています。

開業するまで、
「ホルター心電図は時間と手間がかかる。」
と思っておりました。

卒後2年目に赴任した病院で、オーベンからホルター心電図の解析を命じられました。
「こんなのは空いた時間にやるもんだ。」
「当直の時のいい暇つぶしだよ。」
と言われましたが、要領の悪い私は夜遅くまでかかってやっていました。
10年目以上になるとさすがに自分で解析することはなくなりましたが、技師さんが解析するのに2週間かかるのが普通で、もっと早く結果をみたいなと思っていました。

開業前、ホルター心電図の選定をしている際に知ったCardioTrak。
デモ機を貸していただき、自分に装着してみました。解析ソフトの制度も十分満足できるものでした。大手の会社のものよりリーズナブルな価格でもあり、購入を決めました。

開業後、Cardiotrak が「時間と手間」を省いてくれています。
解析ソフトの精度が高いので、データの見直しの手間が大幅に少なくなりました。
若い頃にあれほど大変な思いをしたのは何だったのか・・・導入して良かったです。
検査を実施してから患者さんに結果を説明するまでのタイムラグがなくなり、患者さんが満足して下さいます。これも良かった点です。

導入して本当に良かったと思っています。

戻る