友永循環器医院

奈良県天理市
友永循環器医院 友永 轟 院長先生の体験談
記録用紙の設定や保存がいらないため、対処が簡単で早期治療に有利です

訪問看護を細々ながら続けています。循環器が専門で心筋梗塞発症の可能性が通常より高いため、携帯心電図は開院当初から設置していました。これまでに心電図記録を緊急でおこない心筋梗塞と診断、早期搬送して再還流が実現し、梗塞範囲の縮小を得た症例を経験しています。
このような背景で今回は更に携行性の優れたタブレット型が出たことを知り購入しました。

記録用紙の設定や保存がいらないため、対処が簡単で早期治療に有利です。
また誘導コードに制約されないことも大きな利点で、何度も記録を見直しモニターを繰り返すことが手軽に出来ます。
院内では固定型の心電計を通常使用しています。不整脈や胸痛を訴える患者さんが来られたとき、診察室から離れたところにベッドがあり、これをタブレットないし、ソフトの入ったデスクトップコンピューターでモニタができ、解析も直ぐに出来るのに魅力を感じています。
今後二つのコンピューターで画面をモニターできるシステムを実現、もっと離れたところでLANで相互をつなぎ、モニターが常時出来る心電計が開発されると期待しています。

戻る