わたなべクリニック

大阪府吹田市
わたなべクリニック 渡辺 克哉 院長先生の体験談
購入きっかけは訪問診療をする中で、各自のノートパソコンで心電図検査ができる利便性

当クリニックは、大阪北部を中心に訪問診療を行っている在宅療養支援診療所で、24時間365日対応しています。
当初は電子カルテと熱ペン式心電計を使用していたので検査後にロールペーパーを台紙に貼付→スキャン→電子カルテに読み込ませていました。そのため心電計を持ち運ぶ際の負担が大きく、検査後の処理に手間が掛かっていました。また、患者数も増加していたため作業が膨大になり限界に達していました。
もっとも重要な課題は夜間時間帯などの検査がタイムリーに先生方に報告できないという点でした。
そこで数年前に医療機器メーカーの心電計とECG専用ソフトを導入しました。その結果、多くの問題点は改善されましたが操作がやや複雑でエラー頻度が多く、今までとは違った新たな問題点が浮上してきました。
また、検査には専用ノートパソコンが必要なので夜間時間帯はクリニックに心電計を取りに行き、各自のノートパソコンとECG用ノートパソコンの2台を持っていかなければならないという問題点は改善されないままでいました。
残された問題点を改善するためECG Explorer 500を導入しました。
各自が持ち歩いているノートパソコン1台で移動でき、すぐにデータを共有できるなど、今までの問題点はほぼ改善され、当クリニックにおいては有効に利用されています。
(使用者の負担軽減、検査後処理の軽減とタイムリーな報告、管理スペースの不要、データ検索も即可能)

院長
「負担軽減され、利便性もよく、みんなが使い易いといってくれています。その上安価でコストパフォーマンスにも優れています。導入して良かったと思います。」

看護副師長
「普段使用している各自のパソコンで検査、処理、報告ができ、持ち運びの負担も軽減されとっても助かっています。

臨床検査技師
「機器操作も簡単で心電図も安定的に記録できるためとっても良いと思います。」

わたなべクリニック02 わたなべクリニック03

Comment

わたなべクリニック様は関西を拠点に訪問診療を主とされ、訪問診療でECG Explorer 500をご使用して頂いております。
常時持ち運ばれる各スタッフ様のノートパソコンで心電図検査ができ、心電図データをPDFに出力し、電子カルテに読み込ませてデータ共有が容易であるという利便性に魅力を感じて頂き、ご購入頂きました。
訪問診療をされる中で心電図検査は必要不可欠なものとなってきております。従来の心電計では持ち運びが不便であったり、データを共有できない、使い勝手が悪いなど、訪問先での心電図検査を懸念されている医療機関様も多いかと思います。
わたなべクリニック様では院長先生をはじめ、スタッフの方々にご使用頂き、今までの心電図検査における問題点を改善できたとのことで、ECG Explorer 500を導入して本当に良かったと、何よりもありがたいお言葉を頂戴しました。
さらにご期待にお応えできるよう、邁進していきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

医療機器事業部 野村 淳史

戻る